2014年09月20日

INJURY REPORT WEEK3 vs TEN

ATLがTBを虐殺しているのを見ると、いくらホームだったとは言えATLに快勝したベンガルズって・・・?と思ってしまいますよね^^

パワーランキングでも見たことない位置(2~3位)にしているのが大半になってきていますし、遂に時代が来たかなとニヤけてしまいますが、鼻が長くなるとへし折られるのが常ですので気を引き締めて連勝を続けていきたいものです。


StatusPos.NameInjuryWed.Thu.Fri.
OutWRジョーンズOutOutOut
DoubtfulLBポーターハムストリングDNPDNPDNP
RBバークヘッドDNPDNPDNP
GザイトラーDNPDNPDNP
LBバーフィクト脳震盪DNPDNPDNP
DTトンプソンDNPDNPDNP
ProbableWRグリーン爪先DNPLPFP
TウィットワースDNPFPFP
SウィリアムスLPLPFP
GポラックDNPFPFP


先日の試合で腕を怪我したベテランTEアレックス・スミスがIR入しています。

それに伴いまして、キャンプまで参加していたTEケヴィン・ブロックを呼び戻しています。TEアイファートも復帰可IR入りしていますので、ロスターにはグレシャムとブロックの2人だけになります。HBとしてヒューイットもいますが、早くもやりくりが厳しい状況になっていますので、グレシャムだけは怪我せずに、且つ活躍して欲しいものです。

また、2試合の出場停止処分が下されていたCBルイス=ハリスがロスターに復帰。CBは現状足りているのでインアクティブかもしれませんが、STで出番があれば頑張って。

今週はDが5人とあまりベンガルズでは見たことないリストになっています。序盤なのにこの状況はよろしくないですねぇ。来週はBYEですのでBYE明けにどれだけ戻ってこれるか。せめてバーフィクトは戻ってきてほしいなぁ。

グリーンがPなのは朗報ですので、先週のようなランを構築しつつパスでもドカンといければ最高ですね。先週はキャリア初のノーレシーブでしたので、今週は奮起してもらいたい。

昨季ホームでは全勝で連勝は継続中です。気の緩みさえなければ勝てない相手ではないと思いますので、ホームでは負けないベンガルズというイメージを確立したいですね。

posted by todate13 at 09:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Bengals】怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
todateさん、お久ぶりです。
いやー予想以上の好スタートで笑いが止まりませんね。両コーディネーターの交代は、杞憂に終わった感じで、特にヒューさんの次にに何が出てくるか分からないコールの自在さは、見てて楽しい。今までのオフェンスは何やってくるか大体予想が着きましたから、相手にとっても楽だったんじゃないかな。
ダルトンもプレからそうでしたが、今年は課題のミドル〜ロングパスの精度が上がっている感じがします。w2のサヌへのパスは特に素晴らしかったですね。
Posted by shaaga at 2014年09月21日 11:27
OCが代わったことで明らかにオフェンスは良化していますよね。ドルトンが魅せるパフォーマンスというわけにはいかないですが、負担が減ってやりやすくなっていると思います。

ランの頻度、精度も上がっていますしOLも機能していますし、パス精度もそれによってより向上しているのでしょう。


DCは未経験者だっただけに不安でしたが、ジマーさんがまだいるかのように不変でいてくれてありがたいですね。

このままの勢いで一気に駆け抜けたいです^^
Posted by todate13 at 2014年09月23日 13:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。