2013年09月10日

WEEK1 @CHI

インアクティブだったのは、

WRサンゼンバッカー
CBジー
RBバークヘッド
Gポラック
Tウィットワース
WRウェイレン
DEハント

危うく目覚ましを3時にセットしそうになったけど、まだサマータイムだから日本時間では2時でしたね。仕事に行くまでに軽くもう一眠り出来るのでサマータイムでずっとお願いしたいけど。

さあいよいよ開幕です!


初戦からオーバーカンファレンスのアウェイ戦で嫌な感じはしてたけど、24−21で逆転負け。

見事にミスを突かれてしまいましたね。こういったのを逃さないのが勝てるチームであり、献上するのが負けるチームということです。戦力が整ったという印象は強く残りましたが、チームの成熟度、選手の理解度などまだまだ勝てるチームにはなってはいませんでしたね。

今季でどこまで成長してくれるのか。今更HCには望めるモノでもないのでドルトンなどが引っ張ってって意識改革を進めていかなくてはいけないのかもしれませんね。


オフェンスは、QBドルトンの成長がはっきりと認識できました。正直昨季までの出来では信用しきれてない面もありましたが、今回は凄く褒めたい。ディープへのパスもバッチリでしたし、成功率も良かった。ロングドライブを幾度となく敵陣まで運んでいましたし、とても安定感がありましたね。

2INTが邪魔ですが、1つはタイミングパスをCBティルマンに読まれたもの。さすがベテラン。1つはWRグリーンのドロップによるものなので、彼に対する評価は下げられません。パスターゲットが増えた影響もあるでしょうけど、今季のオフェンスは期待が持てそうです。

問題はランが出なかった事ですが、やはりFB不在の影響があるように感じます。HBチャールズが7プレイしか出ていませんし、Iフォーメーションも2プレイぐらいしかやってないようですからもっとゴリゴリランがあっても良かったと思います。

新戦力TEアイファートとRBジオは共に使える駒であることを初戦から見せてもらいました。アイファートなんてプレ休んでたのにバッチリ仕上がってて頼もしかったです。グレシャムも調子よくて共に5レシーブずつ記録。

対してWR陣には厳しい日でした。グリーンは2TDはさすがですが、前述のドロップやファンブルも記録してますのでもっとやれるぞ、と。サヌーは勝敗を分けたファンブルロストがあったのが悔やまれます。ジョーンズも1レシーブのみと低調でした。ホーキンスの穴を感じさせない活躍を2番手以降には期待したいのですが。

OLは被サック1。相手DTのPaeaがキレキレで苦労してましたが、ペパーズを無効化したLTコリンズは素晴らしい出来でした。

ディフェンスではサックが0だったのが痛かったですね。早いタイミングで投げられていたプレイも多く見受けられましたが、上手く相手OLが機能していましたね。DTアトキンスがスタッツなしに終わったのでどうしたものかと心配になっちゃいましたが、ダブルカバーされているプレイも多かったですし不調ってわけでもなさそうでしたね。来週は既に5サック食らってるチームが相手ですので、どんどんベンをマンデーで倒してやってください。

DTが4人共アクティブになっていたのは意外でしたが、スティルもトンプソンも少ない出番ながら見せ場がありましたね。2年目で成長を感じれたのは良かったです。特にトンプソンの出足の良さはちょっと驚いた。

注目していたLBメイズ問題ですが、10プレイはあったようですね。機能していたかと言われれば疑問ですが。というかSSアイロカもまだ改善の余地はありそうだし、ここら辺の対応はさすがに時間がかかりそうです。DLの奮起に期待するしかないですね。バーフィクトに怪我されてたらシーズン終わってましたよ^^;


今回は3点差負けでしたが、そういった意味で勝敗を分けたのが前半最後の58ydsFGでしょうか。芝も荒れてなく風もない秋だからこそ出来た記録かもしれませんが、それを引き出したのはCBドレのパーソナルファウルなので彼には猛省していただきたい。TBのに比べればバカ度は低いですが。

そして、12メンの反則を今回の試合では2回犯しました。1回はタイムアウトで回避しましたが、なけなしのタイムアウトをそんな所で無駄に使ったばかりに最後のドライブで時計を止める術を失いました。他の2回のタイムアウトも使う必要ない場面でしたし、後半早々とタイムアウトを使い切るチームなんてそうないですから!

挙げ句の果てには4thダウンでLBマウアルーガのパーソナルファウルで30秒くらいは残ったであろう攻撃権すら放棄するというお粗末ぶり。ドレは若さでまだ許せてもマウアルーガはいかん。何年やってるんだと。本当にチームとしての成熟度を嘆いたプレイでありました。

オフェンスに光明が見えつつあるので収穫はゼロではないし、同地区が全て敗れるという救いのある負けですから悲観している場合ではないですが、人為的ミスを犯さないチームにならないと更なるステップアップは望むべくもありませんので、次週マンデーで恥かかないようにホーム開幕戦で今季初勝利といきましょう。

posted by todate13 at 23:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 【Bengals】試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合見ました。大ショック・・
11点リードしてたのに逆転負け。
ベアーズは要所を押さえてましたね。
まさか新監督に初勝利を献上するとは・・

言われるとおり、ドルトン自身は調子良く
課題のロングパスもバシバシ決めてましたね!

始めから2TEをばんばん使ってきてびっくり、
3TEの時もあり、結構、新鮮。

私もFBコナーのCutはびっくりであり、
彼の必要性を感じます。(まだ、フリー?)

ディフェンスは、まさかの0サック。
アトキンスは、言われるとおり結構、ダブルで
やられてました。それにしてもベアーズの
ルーキーRG,RT頑張ってましたね〜。
バーフィクトは熱い!期待大!

来シーズンはジマーやグルーデンコーディネーターが移籍でいなくなってしまうかも知れないので、今シーズン良い結果を残して欲しいです。

Wk2はホームでピッツ。 J.ハリソン vs ロスリスバーガー 楽しみです。
Posted by Tetsu at 2013年09月11日 02:34
自滅!の感が強い敗戦でした。

コリンズはペパーズを消してましたね。

みんな、反則には気をつけてほしいものです。
次は気を引き締めて行きましょう!
Posted by mattari at 2013年09月11日 18:04
>Tetsuさん

CHIの新HCはなんか頼りなさそうで敵ながら心配してしまいそうになりましたが、逆転負け食らってそんな事思った自分が恥ずかしくなりました^^;

CHIのOL陣は新造ユニットだっただけにサック0に抑えられてショックでしたが、ここは褒めるしかないでしょうか。

PITのOL相手に鬱憤を晴らして欲しいものですw


>mattariさん

反則の多さは開幕の仕上がってない状態ならではとも言えますが、それにしてもダメダメな反則ばかりでしたのでちゃんと次回からは引き締めて欲しいものです。

負けて強さを見せつけた感もありますので、次回は本当に勝ちましょう!
Posted by todate13 at 2013年09月12日 22:14
来週はマンデイナイトのピッツ戦ですね。
油断できない相手なので、とにかく、ミスを最小限にて初勝利をあげて欲しいですね。そして、ビッグベンから3サックはあげて欲しいです。

ESPN.comによると、ベンガルズはLBを探しているようで、以下の選手とコンタクトもしくはトライアウト行ったとのことです。

Thomas Howard(CIN)
Michael Boley(ALT,NYG), Tyrone McKenzie(Min)
()内は旧所属チーム

ハワードはまだ、怪我が完治していないようで難しいですが、この数週間の間に、何か動きがあるかもしれません。
WHO DAY!
Posted by Tetsu at 2013年09月14日 08:40
>Tetsuさん

LB探しは何人かワークアウトしててもなかなか契約までにはいっていないようですね。

SメイズがLB起用されている程の事態ですから早い所補強して欲しいですが、なかなか難しい状況なのでしょうね。

どこかにいいLB落ちてないですかねぇ^^

最早PSにいるシェイファーもロスターにいれてディマンチと競わせて成長させるのも手かなとも思いますけれどもw
Posted by todate13 at 2013年09月15日 17:51
シェイファーは私もプレシーズンを見て、ロースターに残るだろうと思っていたので期待が持てる選手ですね。

メイズはなんか・・微妙です。(いまいち?)

PSも含め、今年のベンガルズは選手層が厚いので
怪我人を最小限にできれば地区優勝できるはず!
WHO DEY!
Posted by Tetsu at 2013年09月16日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374467079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。