2007年05月23日

LBニコルソンをカット

DVで逮捕されたニコルソンは今のところ容疑を否認しています。

殴られたであろう彼女も「殴られてはいない」と彼を擁護していますが、
判事は「んなわけない」という見解のようです。

ベンガルズも「こりゃどうにもならん」と判断したのか、
予想通りカットするという選択になりました。

彼を置いておくにはあまりにもリスキー。
このカットは妥当だと思われます。

ニコルソンは結局在籍1年。試合出場は2試合のみでした。お疲れさん。

これによりLB枠にルーキーFAから加入のアールエベレットに
チャンスが出てきたかもしれませんね。

LB枠は7〜8人とすると、

SLB
ジーンティ
フレイジャー

MLB
ブルックス
ミラー

WLB
ハートウェル
ランドン

の6人はほぼ大丈夫そうで、あとはヘンダーソン、エベレットの争いかな。

ルイスHCはここにきてサーマン復帰の可能性も示唆していて、
サーマンが1枠持っていくことも考えられますので、
ニコルソン放出でもまだ全然気は抜けません。

キャンプでのアピールに期待したいですね。


・ヘンリーの話

先日、ヘンリーの薬物検査が陽性だったというニュースが流れましたが、
結局まだはっきりした情報ではないらしく、情報提供者も訂正、
代理人怒って反論、オフィシャルページのニュースも削除されています。

まあ彼だったらあっても全然おかしくないので、
ヘンリーもカットしなきゃ駄目なんだな、と思ったものですが、
まだなんとか持っています。

来週あたりにまた検査結果が出てくるらしいので、その時にはっきりするでしょう。

あまり期待しないほうがいい気がしてますが。

もし陽性なら執行猶予で免れていた88日間の収監が刑事罰的にはありえますし、
リーグからは出場停止期間が1年になるとか、
もしくはそれ以上のペナルティが課されるかもしれません。
posted by todate13 at 03:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 【Bengals】放出・引退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーキーRBを1人追加

もう加入情報はないかなぁ、と思ってましたが、
ルーキーFAからRBと契約しました。白人です。

ダンバークス 6−1 218 Alabama-Birmingham

大学史上2位の2277yを走ったらしいですが、
ここ2年は怪我がちでイマイチだったみたい。

もしかしたら・・・、という契約ですね。1年契約だし。
背番号42。



posted by todate13 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

LBニコルソン、DVで逮捕。

え〜、大変ご迷惑をかけております。毎度おなじみベンガルズ不祥事のコーナー。

orz


正直、これからの時期はNFLはオフモードに入りたく、
ジロ・デ・イタリア観ながらワーワー言いたいので、
こんなニュースは本当に嫌になりますが・・・。


2年目を迎えるLB、AJニコルソンが
ドメスティックバイオレンスにより逮捕されました。

女性の目のあたりを殴ったらしいです。ひでぇなぁ。

度々警察のお世話になっているニコルソンは現在保護観察期間中ということで、
リーグからの処分もそうですが、裁判所からの判決も相当厳しくなりそうです。

現在は保釈金を支払って釈放されています。


問題はベンガルズ側の動きですが、これはさすがにカットでしょうね。

選手が不祥事を起こした場合は、所属チームへペナルティを課すという考えを
新GMグッデルが示唆している以上、何らかの動きをベンガルズ側として
見せないことにはどうにもならないでしょう。

ヘンリーやサーマンはカットしてないのにニコルソンは
カットしてしまってもいいものかという考えも生まれてはきますけど、
不祥事に対して厳しく取り締まるというお達しがあった後の出来事だけに
その辺の線引きは出来ているということになるでしょう。

裏側の考え方をすると、戦力的に彼のカットはそんなに
痛くないというのはあります。
彼はロスター枠に残れるか結構ギリギリのラインにいたと思うので、
キャンプ次第ではカットされる確率はそれなりにあったと思います。

問題起こして「またベンガルズかよ」なんて言われる前に
手を打っておくべきだったかもしれませんね。


ちなみにニコルソンが昨年起こした窃盗罪の被害者は
今年MIAにドラフトされたRBロレンゾブッカー。

今季の最終戦で当たる予定だったMIA戦では
被害者対加害者の構図が観れるかな、と不謹慎にも思ってましたが
どうやら実現しなさそうなのでここにてネタ消化。

ちなみにニコルソンは昨年のドラ5指名。

ルイスHCになってからベンガルズが指名したドラ5は5人。

03:LBカリッドアブドゥーラ
大した活躍もせずに既にNFLからアウト。

04:WRモーリスマン
大した活躍もせずに既にNFLからアウト。

05:OTアダムキーフト
キャンプで靭帯やって2年間出場なし。

06:ニコルソン

非常に嫌な感じできています。6巡や7巡の方が全然いいです。

今年のドラ5はQBジェフロウ。
ギャンブルピックに走ったのも頷けるというものでしょうか。
posted by todate13 at 03:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Bengals】不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ハートウェルの背番号など

現在、オフシーズンプログラムが行われていますが、
主要どころではTJとオニールが練習を欠席しています。

TJに関しては身内の方がやっている仕事の関係で
ロサンジェルスにいたみたいですが、
これは前々から予定されていたことのようで、
来月初めのミニキャンプには出てくるだろうとのこと。

一方、オニールに関しては突然のドタキャン。
代理人を替えて契約の再構築を求めたい意向とも言われています。

・・・去年の成績で言える立場じゃないってのに。

10INTした昨年に言っておくべきだしたね。
今年はそんなこと言ってたらルーキーにポジション取られかねないから
諦めてちゃんとミニキャンプには出席しなさい。


で、本題というかほとんどどうでもいい背番号シャッフルの話。


新加入のLBハートウェルは56番に決定。
昨季まで長いことシモンズが付けてた番号ですが、
BAL時代はハートウェルも56番でしたね。
輝いていた時期の番号を付けていいイメージで働いて欲しいところ。

本職のMLBから今季はWLBになるハートウェルですが、
3−4にしていた時期のBALでILBハートウェルが求められてた役割と
ベンガルズの4−3のWLBの役割は似てる部分が多いから大丈夫らしいです。


2年目で先発MLBになるブルックスは50番から55番に。
55番はATLに移籍のウィルキンスが付けてましたので空き番になってました。
わざわざ希望して変えたんでしょうから相当55番が欲しかったんでしょうね。
レプリカジャージを買った方々が悲鳴をあげていらっしゃいますw


50番は2年目のLBエリックヘンダーソンがつけることになりました。
新たにDEからSLBにコンバートされるヘンダーソン。
昨季付けてた78番はLB登録では付けれない番号なので、
変更されています。これでスッキリしたというものです。


新加入DTケンドリックアレンは67番。
空き番的にはヘンダーソンが付けてた78番になるかな、と思ってましたが、
DEバードンに割り当てられてた67番を強奪です。

バードンはNFLEにいってるので空き番同然という解釈なんでしょうね。
posted by todate13 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

DTサムアダムスをカット

bilde.jpg

ドラフトも終わって本格的なオフシーズンにこのブログも
入りかけてたんですが、ここにきて動きがありました。

ベンガルズがDTサムアダムスをカットしました。


ビッグサプライズというほどでもないけど、
それなりのサプライズはありましたね〜。

正直彼はカットされないだろうと思ってましたので。


膝の故障を抱えながらも全試合先発でプレイし、スナップ数は少なかったですが、
ランディフェンスにおいてはそれなりに結果を残していたと思います。

そしてオフになって膝の手術を行って、また減量にも励んで
シーズンに望もうとしていたということで、更なる貢献を期待していたんですけどね。

残念ながら彼のベンガルズユニホームは1年で見納めとなってしまいましたね。

サラリーの問題という観点もありますが、ニュースソースにばらつきがあるものの
今回のカットでセーブできる金額は70万ドル〜90万ドルくらいだと言われています。

キャップを空けたいだけだったらソーントンをカットした方が
ずっと広げられるのでそれだけではないということでしょう。

手術後の経過があまり思わしくないのか、減量が上手くいってないのか
来月34歳になるという年齢を嫌ったのか。

もしくはペコが期待以上にいいのか、
マイヤーズの加入で入れ替えが出来たと思っているのか。

ファネーネを本格的にDTに仕立て上げるのか、ドラ6のトエアイナがいいのか、
契約したてだけどアレンで充分なのか。

まあ内情までは今はまだはっきりとは分かりませんが、
とにかくファンとすれば現有戦力に期待するしかありませんわな。


05シーズンはランディフェンスがズタボロでした。
そのオフにアダムスと契約してDTを巨大化させました。
06シーズンに一定の改善がみられたものの今度はパスディフェンスが壊滅しました。
そのオフにアダムスをカットし新たな面子3人を加えて戦います。

なんかまだまだ万全ではなさそうなのでちょっと不安ですが、
なんとか今年はこのメンバーで乗り切って欲しいですね。

来年のドラ1はもうDTで確定くさい^^;


・・・というか、アダムスがどこいくのかもちょっと見もの。

CLEは動かなくていいよw
posted by todate13 at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Bengals】放出・引退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

DTアレンと1年契約。

密かにDTを探しているとちょっと前に書きましたが、
実際にDTを獲得しました。

前GBのDTケンドリックアレンと1年契約で合意したようです。
恐らくミニマムに近い金額ぐらいだと思います。

アレンはLSU出身でドラ外からNOに入団。10試合に出場後に
ウェイバーにかけられるもNYGが拾ってその後2年プレイ。
昨年はGBにFAで移籍するも怪我で2試合のみの出場に留まっていました。

アレンは、先日ベンガルズが契約したLBハートウェルと代理人が同じということで、
多分一緒に売り込まれたのでしょう。

事実ベンガルズもDTを探していましたしね、それならばと合意に至ったようです。

328ポンドあるようですので、置石系でしょうか。
キャリア4年でサックは3つ。31試合出場で54タックルしています。

アレンはさほど実績があるわけでもないし、1年契約ということですので、
現時点での期待はさほどあるわけでもないでしょう。

本当にキャンプ要員程度のものでカットされる可能性の方が高いかもしれませんが、
生き残りをかけて頑張ってアピールして欲しいところですね。
posted by todate13 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

DEスミス、まずは1年契約。

ベンガルズがフランチャイズタグ指定していたDEジャスティンスミスですが、
1年8.6ミリオンのオファーにひとまずサインしました。

この金額はDEにおけるリーグベスト5の平均額です。

CHIのブリッグスやNEのサミュエルのように
タグ指定を受ければ態度を硬化というパターンもあるだけに
契約に前向きと言われていたスミスといえども
どうなるかわからないな、と思っていたんですけどね、
とりあえず無事契約はすることが出来ました。

よく考えると、スミスはブリッグスやサミュエルのように結果を
残している方ではないので、8.6ミリオンの契約に
サインしないわけがないんですけどね、まあ実際にサインするまでは
どこか不安だったりもしたんで、まずはよかったですね^^;

この契約は、来週から始まるオフシーズンプログラムに参加するために
必要な契約だったからしたという意味合いが強いです。

よって、これからもまだ契約延長交渉は続ける模様です。


先日、スミス同様タグ貼られていたNOのグラントが長期契約結びましたが、
7年63ミリオン、20ミリオン保障という内容でした。

年平均9ミリオンというなんちゅう契約しとるんだ!?という感じですが、
これが多分今のところのターゲットなのかな。


・・・まあ無理でしょうね。


どこまで両者歩み寄れるのか見ものですね。


グラントみたいな契約するくらいなら1年契約のままの方がいいでしょうね。
posted by todate13 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

CBアダムスと契約。

地元シンシナティ大出身で、昨シーズンまでTBでプレイしていた
CBブルーアダムスと契約に合意しました。

2年契約のようです。サイズは5−10、187。

アダムスは先日まで行われていたルーキーミニキャンプに
トライアウトで参加していましたが、無事契約する運びとなりました。

アダムスは03年ドラフトで7巡でDETが指名したものの
結局ルーキーシーズンはJAXでプレイ。
04年はプレイせず。05〜06年とTBでプレイしました。

今オフRFAでしたが、TBからのテンダーオファーには
期限までにサインせずにUFA扱いになっていました。

どうやらアダムスはSTでの働きにおいて定評があるようですので、
CBとしてはオニール、ジョジョ、ホール、ラトリフに次ぐ
5番手としてのロスター入りが期待されています。

一方で立場が苦しくなったのはグレッグブルックスでしょうか。
彼もCBとしての出番はほとんどなくSTにおいてでしか
生き残る道はなかったわけですから、この契約は非常に痛そう。

順当にいけばブルックスのカットは既定路線の感じがします。

ここからのブルックスの巻き返しにも期待しつつ、
アダムスの働きぶりにも期待していきたいと思います。

背番号はケイスビハーンが付けてた34番となります。
posted by todate13 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

密かにDT探してます。

ベンガルズのDTは現在6人。

アダムス、ソーントン、マイヤーズの三十路トリオに
ファネーネ、ペコ、トエアイナのサモアントリオ。

6人いれば恐らくロースターは足りるとは思うんですが、
依然としてまだDT探しているみたいです。

・その1

ドラフト終わったあたりから依然として前CHIのイアンスコットに
興味があるという噂がありましたが、結局スコットはPHIと契約。

これはまあ、ベンガルズ側から訪問をキャンセルしておいて
契約できる訳がないよね。あれだけ安くなれば欲しいところでしたが、
時既に遅し、どうしようもありませんでしたね。

とりあえずスコットはこんな契約しかもってこれなかった
エージェントは解雇した方がいいかもねw


・その2

スコットに関しては本当に動いていたのかすら怪しい気がしますが、
こちらははっきり動きましたが、失敗に終わった例。

前MIAのDTマヌエルライトがウェイバーに出されたので獲りにいきましたが、
ウェイバー順位に勝るBUFと競合して負けてしまいました。

まあ彼はなかなかの問題児っぽいので、結果的に獲れなくて良かったと
感じましたけれども・・・。


多分、他のポジションに比べると現状6人というのは少ない方なので、
恐らくキャンプ要員でも探しているのかな、という感じもしますけどね。

ベテラン酷使するわけにもいかないしねぇ。

というわけで、掘り出し物のDTを未だ水面下で物色しているものと思われます。
posted by todate13 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

エドハートウェルと契約!

ドラフト前から交渉を続けていた前ATLのLBエドハートウェルと
1年契約に合意しました。

1〜1.5ミリオンくらいの契約とのこと。

ハートウェルはルイスHCがBALのDCだった頃ドラフトされた選手で、
頭角を現したのもルイスHCの戦術のもとでしたので、
フィットするのは間違いないでしょうし、若手主体のLBユニットに
ベテランなりの経験を持ち込んでくれることでしょう。

ベンガルズは恐らくドラフト上位でのLB獲得も視野にいれてたのでしょうが、
ベンガルズの順番に来たときには目を付けてた選手は既に獲られていたとのことで、
結局LB指名は見送りました。

恐らくこの時にハートウェル獲得が本決まりになったと思われます。

で、実際には月曜日にほぼ決まっていたんですが、
ハートウェルは奥さんの出産に立ち会うためにATLの病院にいたので
ここまで正式決定はずれこんでいたという状況ですね。

何はともあれ、無事契約できて良かったといったところでしょうか。

ハートウェルは基本的にMLBなんですが、
MLBはブルックス固定が既定路線なので、
どうやらWLBに入ることになりそうです。

そして、これはまだチームが明言したわけではないのですが、
WLBの先発だったランドンがSLBにいくかもしれません。

ランドンは軽量級なので、SLBにするには不安が残るんですが
どうやらかなりバルクアップに精を出しているようですので、
ランドン―ブルックス―ハートウェルというラインナップも充分ありえそうです。

この契約でLBのデプスは何とか埋まったといっていいでしょう。
それなりに形が整ったユニットになったのではないでしょうか。
ディフェンスの立て直しが出来そうなので期待が持てますね。
posted by todate13 at 13:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 【Bengals】契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。