2007年02月28日

ディフェンスをよくしたい!vol.4

ディフェンス話第4弾はLBの話です。

まずは06シーズンにおけるLBの先発情報です。


SLBMLBWLB
WEEK1.KCジーンティシモンズランドン
WEEK2.CLEポラックシモンズランドン
WEEK3.PITジーンティシモンズランドン
WEEK4.NEランドンシモンズミラー
WEEK6.TBランドンブルックスミラー
WEEK7.CARランドンブルックスミラー
WEEK8.ATLシモンズブルックスランドン
WEEK9.BALジーンティブルックスランドン
WEEK10.SDジーンティブルックスランドン
WEEK11.NOジーンティミラーランドン
WEEK12.CLEジーンティミラーランドン
WEEK13.BALジーンティミラーランドン
WEEK14.OAKジーンティミラーランドン
WEEK15.INDシモンズランドン
WEEK16.DENシモンズランドン
WEEK17.PITジーンティシモンズランドン



WEEK15とWEEK16はSが3人先発という
変則なリストでしたので、LBは2人となっております。


まあ見事なまでの不安定ぶりといったところでしょうか。

ランドンだけは全試合先発してくれましたが、
あとはもうとっかえひっかえの状態が続きましたね。

これによりディフェンスとしてのまとまりが
出なかったことが大きく響いたシーズンだったと言えるでしょう。


・#59 ランドンジョンソン

今オフRFA。当然手放したくない。また当分手放したくない。
テンダーオファーは安くてもいいかもしれないけど、
来年UFAになられても困るので、長期契約を結びたいところ。


・#58 ケイレブミラー

スピードがある軽量タイプ。安定しているように見えるので
個人的には結構買っているが、チームからはそれほどでもなさげ。
RFAである今オフはきっとミニマムでの単年契約となるでしょう。


・#56 ブライアンシモンズ

首の怪我により半分くらいの出場に留まる。
MLBに移ったシーズンで、序盤は無難にこなしていたけど、
怪我して以降は不安定だった気もする。

07シーズンはキャリアを賭けたシーズンになるだろうと
ルイスHCも言っています。31歳の彼にとって先発は
確約されたものではなくなりつつあるので、
試練のシーズンになることでしょう。


・#93 ラシャドジーンティ

ポラックの怪我によりSLBでの先発が回ってきたルーキー。
基本的には良くやったと言えるでしょう。

ただし、ルーキーFAでの加入組にしては、という注釈も付きそう。
SLBタイプが彼ぐらいしかいなかったのもあったしね。

ポラックが07シーズンは期待できそうもないだけに
SLBは補強しなくてはいけないポジションとなっています。

先発を守りたいならもっと精進も必要でしょうね。


・#50 アーマドブルックス

中盤にMLBでの先発機会を増やしたものの、その後干されました。
パスディフェンスに難があるのかな、という印象。

ただ、いいもの持っているのは間違いなさそう。
彼は07ドラフト3巡を使って獲った選手だけに
06シーズンは育成と考えれば、07シーズンに実戦で使えれば
何の問題もないことになります。

120キロあるウェイトからすると、SLBでも使えそうかなと
チームは試みています。それも面白いかもと思っていたのですが、
サーマンの復帰の目処が立たなくなった以上、MLBのデプスに
置いとくしかないかなといったところ。
MLBをやるのであればもうちょっとウェイトは落としてもらいたい。


・#52 AJニコルソン

LBとしては出ていないので書くこともないのですが、
彼は基本的に実力があるけど素行が悪いのでドラフトで
敬遠された選手なわけです。実際昨年逮捕されています。

逮捕されても働くならまだしも働きもしないのであれば
置いとく意味もないと言う気もしてしまいます。

「キャンプがイマイチ or また逮捕された」ならカットすべき。


・#51 オーデルサーマン

アル中になっておりました。う〜ん、厳しい。
TOを奪いまくった05シーズンのディフェンスのキーマンなだけに
密かに復帰を期待していたんですが、これではどうしようもなし。


・#99 デビッドポラック

必死にリハビリ中。頑張って戻ってきて欲しいけど、
また怪我したら大変なので怖い感じもしますね。

ただ、戻ってくるとしたらDEとしてかもしれない。
怪我したときみたくトップスピードに乗ったRBとかとは
正面から向き合わせたくないでしょうから。



・補強に関して


ポラック&サーマンが抜けそうな現状では補強は必要でしょう。

WLBがランドンとミラー、MLBがシモンズとブルックスとするなら
SLBにジーンティともう一人ということなります。


ドラフトというよりかはFAで補強したい気がしますね。
LBは結構面子が揃っている気がするので、誰かしら
獲れたら楽になるんですけどねぇ。
posted by todate13 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

ルイスの会見

いろいろと語っていらっしゃいます。

・LGスタインバックとの再契約は「難しい」と発言。
 「だって彼が欲しがっている金額出せないから」と
 前々からの予想通りの答え。無念スタインバックさらば。

・レイブンスLBアデイリアストーマスについては
 「彼はレイブンスの選手である」とそのまんまのことを言って
 興味なさげなご様子。
 「自分達のUFA選手との契約が重要」とのこと。

・その中でもTEケリー、Sケイスビハーン、RBワトソンとの
 再契約が重要とのこと。ワトソンはペリーの怪我の状況が
 微妙なため、是が非でも引き止めたい選手らしい。

・そのペリーは足首にスクリューで固定する手術を受けました。
 かなりの重傷のようで、ペリーとポラックは現在戦力として
 計算していないとのこと。ドラフトでのRB指名もありえそう。

そのほかの手術情報。

・RGウィリアムスは肩と足首の手術をしました。
 「Cleanout」ということなので、軟骨除去とかそんな類かな。

・DTアダムスはとLBシモンズは膝の内視鏡手術を受けました。
 アダムスに関しては、なんで膝が悪いかって自分自身の体重に
 耐え切れなくなっているからなので、さすがに減量するつもりらしい。

・LTジョーンズは、膝の状態の経過を見て再手術は避けようと
 しているところ。現状ならキャンプには間に合いそうとのこと。

・今回のドラフトはディフェンス中心になるだろうとのこと。
 明言は避けましたが、そんなことは当たり前。
 周知の事実だしそうしなかったらさすがに怒る。


・これはルイスが語ったものではないんだけど、
 セインツのDTホリストーマスが
 「移籍するんだったらMIA、DENかベンガルズがいいな」と発言。
 自分が出れそうだからという理由だからみたいだけど、
 ベンガルズが獲るとは到底思えないので、ちょっと興味はあるけど、
 実現はしなさそう。個人的にはドラ2でDTがいい。
 オコイエが残ってたらドラ1でもいいくらいw

・こちらも別の筋からの話らしいけど、どうもQBライトとは
 契約しないらしいとのこと。交渉決裂というよりかは
 別のバックアップがいいというベンガルズ側の考えのような気がします。
 今ならブルックスか!?

 ・・・またはルーキーFAでジョーダンパーマーか!?w
posted by todate13 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LBサーマンは復帰できるのか!?

06年シーズンはドラッグに始まり、飲酒運転で逮捕された上で
1年出場停止という散々なことになってしまったLBサーマンですが、
裁判所から250ドルの罰金と90日間の服役が言い渡されました。

サーマンは自分がアルコール中毒であることを認めており、
現在、サーマンはその治療にあたっています。

その治療の為に、服役は6月からになる予定で
6月から90日ですのでこのままいくと開幕には当然間に合いません。

ただ、治療によりアルコール中毒が完治すれば
刑が軽くなる可能性もあると裁判官は話しています。


ルイスHCの反応としては、シーズンが終わった直後は
「サーマンは今はチームの一員として考えていない」と発言したものの
最近になって「サーマンは07シーズンには戻ってくるだろう」
としていました。


が、この判決を受けて、ルイスHCは
「我々はサーマンをサポートするつもりだ。選手としてではなく、
1人の若者として彼の人生を立て直すのに尽力したい。」

とコメント。

現状ではかなり復帰には時間がかかる感じになりましたね。


個人的にはなんだかんだ言って彼が戻ってくることを
期待していたんですけどね、当面は数に入れない方がよさそうです。


アル中じゃあフットボールどころじゃないもんなぁ。


ちゃんと治療して刑も軽減されて立ち直ってキャンプから
チーム復帰というのが歓喜のシナリオですけど、
期待しないように言い聞かせながら
ちょっとだけ期待して見守っていきたいと思います。
posted by todate13 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ディフェンスをよくしたい!vol.3

ベンガルズがラトガーズのTEクラークハリスと話をしたらしい。
こちらのハリスさんは2日目に指名されるぐらいの位置らしいので、
中位から下位でのTE指名を検討しているということが分かりましたね。

理想はTEはケリー&スチュワートと再契約した上で
レシーブに定評のあるTEを中位で指名することなので
こういった動きは私の希望通りですw

ハリスさんがレシーブに定評あるかとかは知らんけど^^;


今回は、前回CBだったのでSの話にします。


・#28 デクスタージャクソン

移籍してきた新チームに馴染み切る前であろうWEEK2に
いきなりの怪我をしてしまって数試合欠場してしまったのが
まず痛かったですね。シーズン通しては、前評判どおり
ランディフェンスは上手く、パスディフェンスはそれほどでもない感じ。

07シーズンはリーダー気質を発揮してもらって
もっとフィットしてくれれば言うことなし。


・#40 マデューウィリアムス

昨年IR入りした怪我の影響もなく全試合先発出場。
スタッツが悪いベンガルズにいるので全体的な評価もそれほどでも
ないと思いますが、相当頑張りましたよ彼はw

たまに張り切りすぎてミスすることもありましたが、
オープンフィールドでボールホルダーと1対1になっても
確実に仕留める動きは秀逸だと思います。

ディフェンスの要として更なる成長が見込まれます。


・#34 ケビンケイスビハーン

現地ではどうも「ケイスヴァハーン」と発音しているみたいですが、
今は気にせずに書きます。再契約してくれたら直しますw

今のところ、エージェントがインディアナポリスに向かって
交渉しているようです。彼は30歳ですが、元々身体能力より
読みで勝負するタイプですのでまだまだやれると思います。


この3人のSユニットが07シーズンも実現できれば
Sは安泰かなぁ。という気がします。


ドラ1指名でSの予想もチラホラ見かけますが、
前提としてマデューをCBにして、という話のようです。

18位時点でCBよりSの選手のほうが能力が高いと見た場合
Sの指名もありえるかもしれませんが、
マデューを動かすのは賛成できません。

また、ケイスビハーンと再契約できなかった場合に
ドラフト指名するのはありえますが、1位はCBがいいので4位くらいで。
posted by todate13 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

ディフェンスをよくしたい!vol.2

何故ベンガルズディフェンスが機能しなかったのか?


・・・まあ要因は全てですが^^;


全てにおいて課題の残るシーズンでしたので、
いろいろと書きたいことがあるんですが、
とりあえずユニット別の評価と今後の補強ニーズについて
書いていこうと思います。


今回はCB編。


一番期待はずれだったユニットだと思われますので
ここから書いていきます。


・#24 デルサオニール

顕著に数字に現れているのがオニールの1つだけに終わった
INT数でしょうか。前年10INTはできすぎだったにしても
あまりにもアテが外れた結果になったのは言うまでもなし。

前半はそこまで酷い出来ではなかったと思ってたんですけどね、
結果がついてこないことに焦ったのか後半は酷かったです。
肩の怪我もあったんでしょうし、飲酒運転で逮捕されてからは
コーチからの信頼も失いつつありましたし。

カットされるかも、という話もありましたが、
彼はプロボウラーにしてはサラリーが安めです。
来季のベースサラリーも1.4ミリオンくらいだし、
放出しなくてもよさそうではあります。

ただ、以前のようなパフォーマンスが取り戻せなければ
置いておく意味がないのは当然。

また、逮捕者が出尽くした感のある時期での飲酒運転を
ベテランである彼がしたことによってルイスHCは失望したでしょうし、
そこら辺の関係が怪しくなってる可能性もあるのでなんとも言えない。

・#20 トリージェイムス

ジェイムスは全試合先発しましたが、33歳ということで
さすがに衰えは隠せません。

元々スピードで勝負するタイプではないのですが、
それにしても振り切られること多数。

4INTは記録しましたが、クッションとりすぎで
積極性も何もあったもんじゃありませんでした。

UFAの今オフに再契約することはないだろう、という見解が
ルイスHCからもされています。


・#22 ジョナサンジョセフ

ルーキーだったジョセフは若さあふれる身体能力をもって
随所にいいプレイを見せてくれましたが、粗さが目立つ形となって
結果INTは0で終了。上手くカバーしてボールに触れるところに
いるのにINTできない場面が多くありました。

(パスディフレクトの回数はリーグ6位。)

ベンガルズのディフェンスにおいて、しとめれるところで
しとめなければそのままズルズルいくしかなくなってくるわけで
指名したこと自体はアタリだったのは確かですが、
もっと多くのことを求めたい感じ。


・#25 キーワンラトリフ

オニールが欠場中にはニッケルまでにはなりましたが、
基本的に4番目で、出場機会が激減しました。INTも0。

PRはミスらしいミスはしなかった代わりに
大したインパクトも残せず。

契約最終年である07シーズンに結果が残せなければ、
生き残りは厳しい正念場となりそうです。


・補強に関して

CBはジェイムスの放出がほぼ確定。オニールはどうなるか微妙。
オニールをカットするのであれば、FAでの補強も視野に
入れているでしょうが、FA戦線にはあまり参戦しないだろう、
という見解もルイスHCはしているので、有力どころにはいかないでしょう。
やっぱりドラ1指名での補強が有力です。


先発はジョセフはまあ固いでしょう。

もう片方はオニール(もしくはFA獲得選手)とドラフト指名選手との
兼ね合いとなるんじゃないかな。

昨年のドラフトでは24番目の指名でジョセフはCBとしては4番目でした。

今年は18番目の指名ということで、予想通りCBにいくにしても
もうちょっと選択肢は広がりそうですので、じっくり見極めて
いい選手を獲ってきて欲しいところ。


今のところCBではピッツバーグのレービス指名を予想している
モックを良く見かけますね。
posted by todate13 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

TEグエンサーと契約

ロンリベラは結局SDのLBコーチですか。

HC職を求めて面談を繰り返すも実現せず、
更にはいつのまにか帰るところすら失っているという状況。

ちょっと気の毒でしたが、こんなことならベンガルズのDCに
お願いだからなってくれませんか?って感じもしましたねw


結構本気で^^;


ちなみに、ターナーのHC就任により、空席になったSFのOCにと
ベンガルズのQBコーチ、ケンザンピージーに話がいったらしいですが、
ルイスHCが「遅いからもう無理」と面談自体を断りました。

1月にはCARと面談したりしたけど、実現せず。
MIAとの話はプレイコール出来なければ意味無しと拒否。

あちこちからオファーが届くような有能なコーチを確保して
結果的にですが流失を阻止したのはパーマーにとってもいいことでしょう。


・・・というか、契約情報のエントリーでしたw

先日までベンガルズのPSにいたのに、まとめて契約した際に
入っていなかったTEグレッググエンサーと結局契約しました。

2年契約です。


それだけ^^;
posted by todate13 at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ディフェンスをよくしたい!vol.1

FAとかドラフトとかありますが、ベンガルズファンは
とりあえずディフェンスにしか目にいかないわけで。


というか、NFLを深く知りたいと思うようになってから気づいたのですが、
どうやら私自身がディフェンスマインドのようです^^

ディフェンスが機能した試合の方が見ごたえある感じがするんですよね。


・・・だから、ベンガルズの試合はもどかしいw


ディフェンスのスペシャリストであるルイスがHCなのに
ディフェンスで結果の出ないベンガルズがもどかしい。


ベンガルズディフェンスはもっともっと良くなる可能性は
かなり秘めていると思っているので、
そこまで酷いとはあまり思ってもいないのも事実ですけど・・・。


というわけで、ベンガルズの場合オフェンスは多少問題はあるものの
ある程度は完成していて、アレコレ言ってもつまんないので
今日から数回にわたってディフェンスをあ〜だこ〜だ言っていきたいと思いますw


まずは、スタッツにおいての良し悪しから。


トータルディフェンスは355.1yで30位。はい残念。

この数字はパスディフェンスが大きく関連していて
こちらが238.6yでリーグ31位タイ。まあ最下位ですわ。

ランディフェンスは結構頑張って116.4yで15位。
リーグの真ん中で頑張ったほうです。

ファーストダウンは337回更新され、こちらは32位。まあ最下位ですわ。

3rdダウンは88/221で41.7%で22位。

ペナルティは97回で20位、836yは22位です。

こんな数字が並んでいるのに失点は20.7点で17位。
そこまで酷くない。

その理由はベンガルズがTO重視だからで、
テイカウェイは29個こちらはリーグ8位。
(INTが18回、ファンブルリカバーが11回。)

オフェンスのギブアウェイと組み合わせたレシオも+5で9位。

ついに一桁だけど、昨年はテイカウェイが43、
レシオも+25で1位でしたので下がっています。
(出来すぎだったんでしょうが・・・。)

あとは、ギャザースのおかげかサックが35回で16位タイで、
ちょっとアップですね。(昨年28回で28位)


傾向としては、昨年同様TO重視の結果ヤーデージを
稼がれた割には失点がそこまで食らっていないんだけど、
昨年ほどの爆発力が発揮できなかったため、
苦しい展開になったといったところでしょうか。

理想としての強いディフェンスというのは、
ヤーデージも稼がれない上でのTO誘発でしょうから
ディフェンスの考え方としてはそこから間違っているんでしょうけど、
今の時点では理想を追求するだけの組織なり人材なりが
揃っていなかったということなのかな、という感じ。


次回は、なぜ今年は昨年ほどの爆発が見られなかったか?の考察。(予定)
posted by todate13 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

DEスミスにタグ

前回のエントリーではしないんじゃないかな、と書いてしまったんですが
どうやら決行したようです。


DEスミスにフランチャイズタグを貼りました。


これにより、スミスが他チームと契約したとしても
同じ契約をのむことでスミスを引き止めることが出来ます。

といっても、ベンガルズが契約にマッチしないで移籍が確定した場合、
引き抜いたチームは1巡指名権2つをベンガルズに
与えなければいけないのでそもそも引き抜くチームなどいないのが実情。


スミスが来季ベンガルズでプレイするのはほぼ確実となりました。

スミスは今年のみの契約となった場合には、
8.6ミリオン位のサラリーとなります。

これは来季における同ポジション(DE)の
サラリー上位選手5人の平均額です。

要は、ベンガルズはスミスがリーグのベスト5に入るDEだと
いう評価をしたということになり、さすがにそこまでの選手か?
と言われれば私でも首をかしげたくなるものですが、
ベンガルズとしてはどうしても手放すわけにはいかなかったんでしょう。

スミスがチームに残るということ自体に異論はありませんので、
あとは契約がもつれて関係悪化とかならないよう
スミスと上手く交渉して複数年契約になってくれたらな、と思います。


8ミリオンがヒットしたらやっぱり厳しいと思うので。


今のところ険悪な雰囲気ではないので楽観視はしてるんですが
フロント側の目論見はうまくいくんでしょうかね〜。
posted by todate13 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフにどう動く?

ベンガルズのキャップスペースはどうやら18ミリオンくらいあるらしい。

全体的に余っているチームが多いだけにこのくらいでも
それほど多いというわけでもないみたいですけど、
まあまああるといった感じですね。

このスペースでベンガルズがやりたい動きとして考えられるのは、


・FAの残留交渉

コストがかかりそうなところで言えば、DEスミスが最重要。
タグを付ければ8ミリオンくらいになるらしく、
それだとスペースを半分くらい使うことになってしまうので
出来ないでしょうけど、どうにかして引き止めたいところ。

他にも、Sケイスビハーン、TEケリーあたりは出来れば引き止めたい。


・契約延長交渉

RFAのLBランドンはテンダーオファーの単年契約よりも
長期契約を結びたい。

更に、来オフUFAになる選手の中でも
Sマデューとは市場に出さないように延長契約を結びたい。

・FAで控えQB補強

ベテランの補強が必要。またライトかもしれない。

他のポジションでも、大物とまではいかないまでも
先発級の実力者の補強もしときたいところ。


・ルーキーに使う分

今年は3巡がなく6つの指名権なので、そのままいけば
ちょっとは少なくて済むかな。



おおざっぱに書いてこのくらいは必要かな、と。

どこにどのくらい使うのかはよく分かりませんが、
足りそうでもあり、足りなさそうでもある・・・。


スペースを広げるためために、誰かしらカットの
憂き目にあう可能性はあるでしょうね。


個人的な見解では、DTソーントンが筆頭候補。


ソーントンは昨年もカットするんじゃないか?と思われながら
されなかったので今年はどうかな、という感じですが
DTはアップグレード必要なポジションだと思うんですよね、絶対。
彼ではよくなっていないというのが明らかな以上、カットするべきだと
思うんですけどね。

ちなみに彼の契約はこんな感じ。


John Thornton

SEASON SALARY CAPHIT
2007 $3,250,000 $4,375,000
2008 $3,500,000 $4,625,000



あと2年残っています。サインボーナスの未計上分が2.25ミリオン。
カットすれば2.125ミリオン空けれます。
6月1日ルールを使って来年と分割すれば今年は3.25ミリオン空けれます。


3ミリオン払うほど活躍しているとは思えないので、
ここはカットしてもいいと思うのですが・・・。


他にもCBオニールあたりがカット候補として
名前が挙がっているようですが、
先ずはソーントンをなんとかしたいなぁ、と。
posted by todate13 at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Bengals】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

リスタート

http://blog.goo.ne.jp/todate13/にて
「ベンガル虎はツワモノ!?」というブログをやっていたんですが、
わけあってこちらの方に引っ越して参りました。

タイトルのほうも「ベンガルズはツヨトラ!!」と
ちょっとしたマイナーチェンジもしまして気分一新
楽しみながら更新していきたいと思います。

来季はベンガルズは再び注目を浴びるシーズンになる予定ですので、
それに合わせてこちらのブログでも是非とも
盛り上がっていきたいところですね。


posted by todate13 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。